「吃音症」って知ってますか?

今日は甲府にて、 山梨県に「言友会」を立ち上げるための会合でした☆ 「言友会」って何?という方がほとんどと思われますが、ピンときた方にはぜひご一報いただきたいです。 そうなんです。 ついに!です。 詳しくはまた後程~♪

私は「言葉」で仕事をしていますが…  物心ついた頃から吃音障害があり「しゃべれる」ことが憧れでした。 「しゃれべなくてもいいじゃない」「個性だよ」と言う方もいますが… 言葉が出ないというのは、名前が言えなかったり、お店で注文できないだけでなく、 大切な人の悲しみや痛みに 声をかけてあげられないということでもあるんです。 「しゃべりたくて」歌を始め、演劇を始め… 吃音障害を持ちながらその世界に飛び込み30年超。 完治はなくても…それを超える〝技術〟を得て「しゃべりのプロ」として活動しています☆ 「山に登ったことのない人は山の素晴らしい景色を想像できないし、中腹までしか登ってない人は、頂上の広大な景色を想像できない」 よく言われますが… 最初から頂上に登れる可能性を持つ人はほんの一握りで、その人たちには「山の麓にすらたどり着けない」人たちが抱えている恐怖や痛みや心身の限界は想像できないものだと思います。 〝麓〟より遥か下から来たヴォイストレーナーにしか伝えられない技術があります。 そんな想いで講師担当させていただいている『かりんの会』さん。 今週の日曜日〝朗読会〟開催です☆

9月8日(土)14:00~甲府市内にて。 参加希望の方ぜひ090-4240-9422(忍者Fujiyamaこと染谷)まで連絡ください。HP内に表示してあるメールでも構いません☆ 私も当事者の一人として参加します。 ※私自身、2年前まで吃音者であることを誰にも言えませんでした。 ここから何ができるかわかりませんが、いま闘っている誰かの小さな支えになれたら… また闘い抜いてきた仲間たちの〝傷〟を〝誇り〟に変える場所ができたら、と願っています。 心を込めて。

吃音症は言葉がスムーズに出てこない障害です。言葉につまってしまったり、スムーズに発話ができない・言葉そのものを発することができないといった症状が出ます。 「吃音症」は(きつおんしょう)と読みます。 私 忍者Fujiyamaこと染谷剛 この障害で小さい頃からほとんどしゃべることができなかったんです。 その頃のこと、ホームページ内の「忍者Fujiyamaエンタメ教室」と「プロフィール」のページで紹介してますので ぜひご覧ください。 実は私、吃音のことを他者に話せるようになったのは約2年前。それまで一人で抱え戦ってきました。 おそらく今でもたくさんの方が 誰にも話せず一人で苦しんでいるのだろうなと思います。 表題の通り、山梨県で12年ぶりに「吃音者のつどい」開催され… 私と同じように一人で戦ってきたたくさんの方と会うことができました。 おそらく…ここに集まった当事者たちは 吃音との戦いに何らかの結果を出した年長者たちです。 深い闇の中でもがいている 「かつての私たち」には まだ何も届いていない。 ここから大きな力につなげたい! そんな想いを結集して…新たな第一歩へ踏み出します☆